木下抗菌サービス

デルタ、オミクロン…コロナ変異株の名前の由来は?

2022年1月21日 2022年4月19日

コロナウイルス変異株が発見されると、ニュースでデルタ株、ラムダ株、オミクロン株…などの名前が報道されますが、その由来はギリシャ文字だとご存じでしたでしょうか?

変異株はイギリス株、インド株など、発見された国の名前を使って呼ばれていました。ですが、差別や偏見につながる恐れがあるため、 2021年5月にWHOは意味を持たないギリシャ文字で表記すことにしました。発見された順に、ギリシャ文字の順番でアルファ株、ベータ株、ガンマ株と名付けられます。

ギリシャ文字一覧

大文字小文字名称
Ααアルファ
Ββベータ
Γγガンマ
Δδデルタ
Εεイプシロン
Ζζゼータ
Ηηエータ
Θθシータ
Ιιイオタ
Κκカッパ
Λλラムダ
Μμミュー
Ννニュー
Ξξグザイ
Οοオミクロン
Ππパイ
Ρρロー
Σσシグマ
Ττタウ
Υυウプシロン
Φφファイ
Χχカイ
Ψψプサイ
Ωωオメガ


変異株は増え続けるので、24のギリシャ文字では足りなくなる恐れがあります。WHOはそのときには星座の名前を使う予定だそうです。

次々に発見される変異株は脅威ですが、みなさまの不安を取り除けるよう、キノシールドは変異株への効果試験を実施しています。ぜひ最新情報を当ホームページをチェックしてくださいね。

このコラムをシェア:

関連コラム

キノシールドで安心な
生活環境をご提供します。

木下抗菌サービスでは専門チームが
お客様の環境にぴったりの提案をさせて頂きます。
まずはご相談ください。

日本全国施工可能! お気軽にご相談ください!
お電話でのお問い合わせ
0120-626-678
受付時間 平日10:00~19:00

注意事項:抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。SIAAの安全性基準に適合しています。